臨床研究フェローシップ フェロー募集

福島県立医科大学臨床研究イノベーションセンターは共に働くフェローを募集しています

福島県立医科大学臨床研究フェローシップは、我が国で初めて開始された、若手臨床医が独立した臨床研究者となるための実施可能性の高い教育プログラムです。

臨床研究フェローシッププログラムの特徴 3つのP

1. 大学常勤ポスト (Post)

  • 助教・助手としての常勤のポストを確保
  • 外部研修中も給与支給あり(自主研修制度)

2. 研究実践環境 (Practice)

  • 臨床研究の系統的学習
  • 県外大学院などでの外部研修も可能
  • フェロー一人一人への濃密なメンタリング
  • On the job training
  • 地域住民コホートデータベース作成・利用

3. 研究のために確保された時間 (Protected time)

  • 週3日は完全に研究に集中
  • 週2日は診療支援で臨床に集中

以上3点を担保した、我が国初の革新的な臨床研究者養成プログラムです。

大学常勤ポスト
研究実践環境
研究のために確保された時間

あなたの「心」と「腕」を福島に役立てる

  • 診療支援と研修医指導
  • 診療支援と直結した臨床研究の実践
  • あなたの研究成果が医療を変える

学位取得について

学位取得希望者は、社会人大学院生をしながらフェローシップに参加することもできます。学位の種類によって以下のコースから選択できます。

1. 博士(医学)コース(4年制)

博士(医学)(PhD)取得希望者向けのコースです。福島県立医科大学大学院の医学博士課程は社会人入学を認めております。また、一定のレベルの査読付き国際誌に原著論文を出版すれば、最短3年間で博士(医学)(PhD)の学位を得ることができます。本コース希望者は、福島県立医科大学大学院を受験する必要があります(http://www.fmu.ac.jp/)。

2. MPHコース(2年制)

Master of Public Health (MPH)取得希望者向けのコースです。MPHは世界で認められた社会医学、公衆衛生の学位であり、WHOなどの国際機関に就職する際にも有利となります。

3. 博士(社会健康医学)コース(3年制)

博士(社会健康医学) (DrPH)取得希望者向けのコースです。

※上記 2.3のコース入学者は、社会人入学を認める国内大学院を受験していただく必要があります。

福島県立医科大学 臨床研究フェローシップ 募集要項

対 象
臨床経験2年以上の医師(後期研修修了者が望ましい)
診療科を問わない
待 遇
福島県立医科大学助教または助手(常勤、有給)
診療支援先からも別途報酬あり
研修期間
原則3年間(応相談)
募集期間と人数
随時 3名程度
お問い合わせ先
当ウェブサイト問い合わせフォームより件名「フェロー募集について」を選択してご連絡ください

臨床研究フェロー モデルケース

フェロー モデルケース(2年制の場合)